登録
ようこそ 
登録情報を変更する
PREMIER LEAGUE





COACHING STAFF

レジェンドプロフィール

 マーティン バカン
マーティン バカン
生年月日: 1949年3月6日
契約日: 1972年2月28日
デビュー: 1972年3月4日 vsトッテナム(A)リーグ
通算ゴール数: 4
通算出場試合数: 456
ポジション: DF
ユナイテッド退団: 1983年8月1日

やがてイングランドのクラブの注目を集めるようになり、71-72シーズンには、リヴァプール、リーズ・ユナイテッド、マンチェスター・ユナイテッドが、この若きDFの獲得に乗り出した。そして1972年2月29日、フランク・オファレル監督率いるユナイテッドが、クラブ史上最高額となる12万5000ポンドの移籍金でバカンと契約を交わした。しかし、当時のユナイテッドのチーム力は決して高いものではなく、73-74シーズンにはディビジョン2へ降格するという予想外の経験をすることになった。

「降格したのは残念だったが、私はチームに残り、ディビジョン1に復帰する手助けをしたいと思った」とバカンは語っている。

1年後、バカンのその言葉通り、ユナイテッドはディビジョン2で圧倒的な強さを見せて優勝し、ディビジョン1への昇格を果たした。1977年にはFAカップ決勝でリヴァプールを2-1で下して優勝し、バカンは主将としてイングランドとスコットランドの両方のFAカップを制覇した初めての選手になった。

11年を過ごしたユナイテッドでは、スピードを兼ね備えた抜群のポジショニングセンスを披露し、同世代を代表する冷静かつ洗練されたDFとして知られた。ユナイテッドでは合計458試合に出場して4ゴール、スコットランド代表としては、1974、1978年の2つのワールドカップを含む、合計34試合に出場した。

ページ 1 / 2次へ »