登録
ようこそ 
登録情報を変更する
PREMIER LEAGUE





ファーストチーム プレーヤープロフィール
Image of フェデリコ・ マケーダ
27. フェデリコ・ マケーダ
ポジション: FW
出場試合数: 35
ゴール数: 5
ユナイテッド加入: 2007年9月1日
移籍金:
前所属クラブ: ラツィオ
ユナイテッド デビュー: 2009/04/05 vs アストン・ヴィラ(H)
代表歴:
選手

2009年4月、アストン・ヴィラ戦のロスタイムに決勝点を挙げ、すぐさまオールド・トラッフォードのヒーローとなった。

当時17歳だったマケーダはMUTVに「人生最高の日だったよ」とコメントしている。

ただし、2007年にユナイテッドに加入したときから、このイタリア人FWはゴール前での才能を証明し続けていた。アストン・ヴィラ戦で決勝点を挙げる6日前、「キコ」の愛称で親しまれるマケーダは、3-3で引き分けたリザーブのニューカッスル戦でハットトリックを決めていた。

ユナイテッド加入以前はラツィオのユースに在籍。2008年8月22日にプロ契約を結んだ。天性のゴール感覚を持つパワフルなFWは、ローマで生まれた。同じ世代の

イタリア人選手たちの中で、最も将来有望な選手の1人と言われている。

イングランドに活躍の舞台を移してからはめきめきと頭角を現し、ポール・マクギネス監督率いるU-18チームでプレーを始めたが、すぐにオーレ・グンナー・スールシャール監督率いるリザーブチームに招集された。

2008-09シーズン初めにユースで素晴らしいゴールを挙げ、リザーブのサッカーをいち早く理解し、大きく成長するようになる。

ボールを持った時の強さ、ペナルティーエリア内でのポジション取りのセンス、そして冷静なフィニッシュという才能により、ファーストチームから声がかかり、チャンピオンズリーグの試合でメンバー登録されたほか、ヴィラ戦では1点ビハイ

ページ 1 / 2次へ »