登録
ようこそ 
登録情報を変更する
PREMIER LEAGUE





ファーストチーム プレーヤープロフィール
Image of ディミタール・ ベルバトフ
9. ディミタール・ ベルバトフ
ポジション: FW
出場試合数: 149
ゴール数: 56
ユナイテッド加入: 2008年9月1日
移籍金:
前所属クラブ: トッテナム
ユナイテッド デビュー: 2008年9月13日 vsリヴァプール(A)
代表歴: ブルガリア
選手

ディミタール・ベルバトフは、ペナルティーエリアの中でも冷静に対処し、安定したプレーでゴールネットを揺らすセンターフォワードで、魔法の瞬間を作り出す選手だ。

アレックス・ファーガソン監督はカリスマ性がある選手を好むが、ベルバトフは元ユナイテッドのエリック・カントナに近い選手だと言える。

カントナのように足元の技術に優れ、人々を魅了し、楽しませることができる。また、ユナイテッドでのデビューシーズンからも分かるように、カントナと同じく(特に終盤に)重要なゴールを決める傾向もある。

17歳の時、父のイヴァンもプレーしたCSKA

ソフィアに加入し、サッカー選手としてのキャリアをスタートさせると、すぐにコンスタントにゴールを決めるようになった。その才能が認められ、2001年1月にはブンデスリーガのレヴァークーゼンに移籍が決まった。

ドイツではすぐには目立った活躍は見せられなかったものの、チャンピオンズリーグでは異彩を放った。唯一のネガティブな点を挙げるとすれば、2002年4月にチャンピオンズリーグ準決勝でユナイテッドを敗ったレヴァークーゼンの一員であったことだろう。その後、レヴァークーゼンはグラスゴーで行われた決勝でレアル・マドリーに1-2で敗退した。

ページ 1 / 3次へ »