登録
ようこそ 
登録情報を変更する
PREMIER LEAGUE





ファーストチーム プレーヤープロフィール
Image of アントニオ・ バレンシア
25. アントニオ・ バレンシア
ポジション: MF
出場試合数: 264
ゴール数: 21
ユナイテッド加入: 2009年6月30日
移籍金:
前所属クラブ:
ユナイテッド デビュー: 2009年8月9日 v チェルシー(N)
代表歴: エクアドル
選手

スピードとパワーに加え、相手を一瞬の動きで抜き去る能力を持つアントニオ・バレンシアは、2009年にウィガンから加入後、安定して高い実力を証明してきた。

2009年にオールド・トラッフォードにやって来たエクアドル代表は、アレックス・ファーガソン監督も信頼を寄せる攻撃オプションにまで成長。昨シーズンはケガとの戦いだったが、右サイドバックとして活躍したシーズンだった。

昨年10月に行なわれたマンチェスター・ダービーで負傷交代すると、シティーとのリターンマッチまで、その後リーグ戦で再びプレーする姿は見られなかった。エティハドで交代出場したバレンシアは、昨季ラスト6試

合に先発出場。その最初の試合となったアストン・ヴィラ戦では、バレンシアのパスをマーカス・ラシュフォードがゴールに変え、チームが1-0で勝利した。

レスター戦では、足のアウトサイドを巧みに使ってアントニー・マルシャルの同点ゴールをアシスト。3-1で勝利したボーンマスとのリーグ最終節でもラシュフォードのゴールをアシストすると、クリスタル・パレスとのFAカップ決勝では、延長戦でジェシー・リンガードが叩き込んだ決勝点に繋がるクロスを右サイドから供給した。

2006年のドイツワールドカップでの活躍を見た当時ウィガン監督のポール・ジュエルに見出されて移籍すると、その3

ページ 1 / 3次へ »