登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
14 May 2013 

新聞:監督2人とギグスで会談か?

モイーズ監督、ファーガソン監督、ギグスで会談か
来シーズンからユナイテッドを率いるデイヴィッド・モイーズ監督は、昨日アレックス・ファーガソン監督ライアン・ギグスを交えて話し合いの場を持ったようで、ウェイン・ルーニーが他のクラブへの移籍を志願している状態について話し合い、その上でモイーズ監督がルーニー残留を希望していることを明らかにしたと見られている。午前10時半から約90分間に渡って行われた話し合いだが、ホテルから3人が出てくる姿を見たという目撃者は、「非常にピリピリした雰囲気だった。全員が誰にも見られていないか注意しているようだった。3人で話し合いが持たれたようだ」とコメントしている。尚、モイーズ監督は同日午後にケンブリッジ大学内のディベートソサエティを訪れ、「ウェインはかつて最高のストリートフットボーラーだったが、今は世界最高の選手の1人になった。トレーニングをした後で、ストリートの仲間とプレイしていたよ」とコメントしている。
ニール・カスティス記者、サン紙

また『サン』紙は、エヴァートンのDFフィル・ジャギエルカが1000万ポンド(約15億円)でユナイテッドに加入するのではと報じている他、『ガーディアン』紙は、リオ・ファーディナンドはユナイテッドとの契約延長を望んでいると報じている。

『デイリーテレグラフ』紙はダレン・フレッチャーについて報じており、腸の手術を受けた後、プレシーズンの練習から復帰する予定で、来シーズンの開幕から実戦に戻れる可能性もあると報じている。

【関連記事】
パレードでの監督スピーチ