登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 May 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:グリーンホフ逝去

元ユナイテッド、イングランド代表DFグリーンホフが逝去
元ユナイテッドのルー・マカリが元チームメイトであるDFブライアン・グリーンホフ逝去についてコメントを寄せた。マカリはトミー・ドハーティ監督が率いたユナイテッドでグリーンホフと一緒にプレーし、1977年のFAカップ優勝に貢献していた。マカリはグリーンホフを素晴らしいCBと評し、また故人はユナイテッドでプレーすることを愛していたとして、次のようにコメントした。「ブライアンがプレーしていた頃のユナイテッドファンならば、彼が誠実で練習熱心な選手だったことを憶えているだろう。彼は1977年のFAカップ制覇のような数々の栄光を味わったが、彼にとって最も嬉しかったのは、ユナイテッドでプレーしたということだ。彼はユナイテッドを愛していたし、ユナイテッドのためにプレーできることを喜んでいた。1977年のウェンブリーでのFAカップ決勝の写真を見れば、それが理解できるはずだ。彼は典型的なイギリス人CBとは違った。彼、そしてコンビを組んでいたマーティン・バカンは体格には恵まれていなかったが、両選手共に試合をリードすることができた選手で、スピーディーで素晴らしいフットボーラーだった。物静かな男だったが、頭の回転が速かった」
デイヴィッド・アンダーソン記者、ミラー紙

また同紙では、イングランド代表のロイ・ホジソン監督がブラジル戦とアイルランド戦でフィル・ジョーンズをCBとして起用する予定だと報じている。ジョーンズはイングランド代表では中盤とSBでの出場経験があるが、今回からCBとしてもプレーすることが予想される。ホジソン監督は、「彼はCBに向いていると感じている。まだ一緒に過ごした時間が少ないので、確実なことは言えないが、彼はCBの選手だと思っている。ユナイテッドへはCB要員として移籍しているし、本人もそこでのプレーを望んでいるだろう」とコメントしている。

また『デイリーメール』紙は、ユナイテッドがアーセナルのDFトーマス・ヴェルメーレンの獲得に興味を持っている可能性があると報じている。

ページ 1 / 2 次へ »