登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
03 May 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ギュンドアンに鞍替えか?

ユナイテッドはターゲットをギュンドアンに変更
ユナイテッドは今夏獲得を希望するターゲットをボルシア・ドルトムントMFのイルカイ・ギュンドアンに変更した模様。ギュンドアンはレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ準決勝で活躍し、2試合合計4-3での勝ち上がりに大きく貢献した選手として知られている。移籍金1700万ポンド(約25億9000万円)と評価されているギュンドアンには、以前シティーが関心を寄せていたが、最近になって関心度が下がったこともあり、ここにきてユナイテッドが獲得を狙っていると噂されている。ユナイテッドはポール・スコールズが今シーズン限りで2度目の現役引退をする可能性が高く、ナーニアンデルソンも退団の噂が絶えないことから、中盤の刷新を実行すると見られている。ギュンドアン自身も移籍についてドイツのSport Bildに次の様にコメント。
「誰にでも子供の頃からの夢がある。自分の夢はイングランドかスペインでプレーすること」
先日マリオ・ゲッツェがバイエルンへの移籍を決め、ロベルト・レヴァンドフスキもバイエルン、或いはユナイテッドへ移籍すると伝えられている為、ドルトムントとしても今シーズン4ゴールを記録しているギュンドアンの放出は考えたくないところだろう。
チャールズ・ペリン記者、エクスプレス紙

『サン』紙でも移籍関連情報を掲載。レアル・マドリーからクリスチアーノ・ロナウドを獲得出来るかどうかはハビエル・エルナンデスが鍵を握っていると報道。マドリーはロナウド放出の条件としてチチャリートとキャッシュを要求しているとニール・カスティス記者が伝えている。仮にこの移籍交渉が破談となった場合、マドリーがメキシコ人ストライカーに250万ポンド(約3億8100万円)のオファーを提示する可能性があるという。

『ミラー』紙では更に大胆な予想として、ユナイテッドがドルトムントのユルゲン・クロップ監督をアレックス・ファーガソン監督の後任として検討していると報道。ユナイテッド上層部としては、クロップ監督がファーガソン監督退任日までに他のビッグクラブと契約しないよう祈っているとのこと。仮に今夏クロップ監督が他チームのターゲットとなった場合、ユナイテッドにとっては重大な問題になると同紙は伝えた。

ページ 1 / 2 次へ »