登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
30 May 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ファブレガスに興味か?

ユナイテッドとシティーがファブレガスに興味
ユナイテッドとシティーがバルセロナのセスク・ファブレガスの獲得に興味を持っていると言われている。バルセロナはファブレガスの放出を希望していると言われており、ユナイテッドのデイヴィッド・モイーズ新監督は2500万ポンド(約37億5000万円)と言われるセスクの獲得を狙っているとされているが、同時にシティーもその能力の高さを買っていると言われている。尚、バルセロナへの移籍時の条件の関係上、アーセナルが優先的に交渉を行うことができるが、モイーズ監督はファブレガスにはアーセナル時代から興味を持っており、実際エヴァートン監督時代にローン移籍での獲得を狙ったと言われている。モイーズ監督はユナイテッドの中盤を強化したいと考えているようで、ファブレガスの他にも同バルセロナのチアーゴ・アルカンタラ、そしてPSVのケヴィン・ストロートマンの獲得も狙っていると言われている。
ジョン・エドワーズ記者、エクスプレス紙

『デイリーメール』紙は、トッテナムのギャレス・ベイルが少なくとも5つのクラブから興味を持たれていると報じており、その中のひとつとしてユナイテッドの名前を挙げている。また同紙はユナイテッドが移籍金として8000万ポンド(約120億円)を用意しているとしているが、ベイルについてはレアル・マドリーへの移籍が濃厚だと言われている。

他紙では水曜日に行われ、1-1の引き分けに終わったイングランド対アイルランドについて報じており、ウェイン・ルーニーのパフォーマンスについて多くの記者がコメントを寄せている。『タイムズ』紙のマット・ディッキンソン記者は、「セオ・ウォルコットへの見事なパス、フィル・ジョーンズとの鋭いワンツー、アレックス・チェンバレンへのピンポイントパスなど、スペースのない中で素晴らしい動きを見せたが、これらのプレーは試合の中では孤立しており、ルーニーが関与した時間はあまりなかった」と評している。

ページ 1 / 2 次へ »