登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 March 2013 

新聞:スモーリングに好機到来

リオの代わりを果たす
クリス・スモーリングは、イングランド代表でもリオ・ファーディナンドの代わりを務められると主張している。スモーリングはノンリーグのメイドストーンからキャリアをスタートさせ、当時フルアムの監督だったロイ・ホジソン監督に見出された。現在イングランド代表を率いるホジソン監督も、23歳のDFがスリーライオンズ(イングランド代表の愛称)でレギュラーを獲得する時期にあるとみているようだ。スモーリングは8-0で勝利したサンマリノ戦に出場。負傷者続出となっている守備陣の一角としてモンテネグロ戦でも起用されるに十分な評価を勝ち得たと期待していることだろう。ジョン・テリーが代表を引退し、ファーディナンドも今後代表に復帰できるかわからない今だからこそ、スモーリングは目の前に大きなチャンスがあることを実感している。「CBに定着するチャンスがあるのはわかっている。出場機会も増えるだろうし、そうすれば自分のポジションになる可能性も増える。今回招集された選手は皆それぞれ監督に考えさせるだけの材料を与えたと思う。自分達にとって最大の難関であるモンテネグロ戦に向けて、多くの選手がサンマリノ戦でアピールに成功したと思うよ」
マーク・アーウィン記者、サン紙

『ミラー』紙では、ウェイン・ルーニーがモンテネグロ戦で活躍する必要があると報じた。前回イングランドがモンテネグロと対戦した際、ルーニーは退場処分を受けた。同紙の記者は、ピッチ内外に関わらず規律を守れるかどうかがルーニーにとってのアキレス腱と主張。ルーニーが自分を抑えられるようになれば、モンテネグロ戦に限らず、大規模な国際大会でもインパクトを残せるようになるとみている。

『デイリーメール』紙は、ユナイテッドがパトリス・エヴラの代役としてポルトのアレックス・サンドロに注目していると報道。今シーズン終了まで、その他の選手も視察すると伝えた。

【関連記事】
ヤングらのゴールでイングランド完勝