登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 March 2013 

新聞:スモーリング、悔しさを力に

昨シーズンの悔しさを忘れないスモーリング
ユナイテッドは今週土曜サンダーランドとアウェーで戦うが、この地こそが昨シーズン最終節を迎えた場所であり、屈辱を受けた場所である。シティーの状況を見守っていたユナイテッドは、セルヒオ・アグエロの劇的なゴールによって優勝の夢を打ち砕かれた。クリス・スモーリングはあの時の悔しさを忘れていないとし、現在ユナイテッドは2位シティーと勝ち点差15をつけているが、あの時の経験が今シーズンの原動力になっていることを認めた。昨シーズンの苦い経験がまだ鮮明に残っている土地を再び訪れるスモーリングは、「今シーズンは全員にとってあの経験が原動力になっている。今シーズンにおける数々の逆転勝利もそこに起因していると思うよ。昨シーズンのようなシーズンは二度と送りたくない。それは今シーズンの戦い方に現れていると思う」と語っている。
ジョン・クロス記者、ミラー紙

『サン』紙では、ロビン・ファン・ペルシーがユナイテッドで現役を引退する可能性を示唆したことを報じている。ファン・ペルシーは、「この先数シーズンはこのクラブに在籍する。現役最後のクラブになる可能性がある。アレックス・ファーガソン監督は僕が出会った中で最もフレンドリーな人間の1人だしね。勿論試合の時は戦士に変わるよ」

また『デイリーメール』紙では、シュトゥットガルトへローン移籍中のフェデリコ・マケーダの独占インタビューを掲載しており、本人に対して一発屋なのではないかなどと質問している。

【関連記事】
RvP、ルーニーが共にゴール