登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
13 March 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:中東で一大イベント開催へ

ドリーム・フットボール・リーグ
カタール、そして湾岸諸国で開催が検討されている大規模な大会主催側が、多額の現金によりユナイテッド、バルセロナらの招聘に動くとみられている。『タイムス』紙が伝えているところによれば、カタール王族が主催者となるドリーム・フットボール・リーグ(DFL)が、来月にも新たなクラブチーム参加型トーナメント(24チーム参加)の概要を発表するという。DFLが実現すれば、チャンピオンズリーグ、そしてクラブワールドカップにも匹敵する規模の大会になると予想され、現在カタールがワールドクラスの選手を積極的に獲得していることを考えても、国際サッカー連盟(FIFA)、欧州サッカー連盟(UEFA)を中心とする現在のパワーバランスに変化が表れる可能性も懸念されている。現時点ではバークレイズ・プレミアリーグが同大会に参加を表明するかはわかっていないが、DFLはバルセロナ、ユナイテッドらビッグクラブに対し、2年ごとに1億7500万ポンド(約250億円)という巨額の資金を提供する準備を進めている。噂されるプランでは、イングランドのトップ4チームを含むDFLメンバー16チームに加え、世界的な知名度と実力を兼ね揃える8チームを招待して行われるとされる。
オリヴァー・ケイ記者、タイムス紙

『デイリースター』紙は、フランスのモナコがウェイン・ルーニー獲得に向け、巨額のオファーを提示すると伝えたが、既にアレックス・ファーガソン監督がルーニーの来シーズン残留を明言。加えてサー・ボビー・チャールトン、そしてアンディ・コールもルーニーの残留を断言している。

その他『ミラー』紙は、オーレ・グンナー・スールシャールがファーガソン監督の後継者としてライアン・ギグスを指名している記事を掲載。スールシャールは「(ギグスは)ユナイテッドでのポジションを探しているのだろうし、十分監督を務められるだけのポテンシャルを持っている」と語った。

ページ 1 / 2 次へ »