登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
04 March 2013 

新聞:ルーニーの全盛期はこれから

ルーニー「 200 ゴールに到達したい」
ノリッチ戦で1ヶ月ぶりとなるゴールを決め、明日5日(火)に行われるレアル・マドリー戦に向けたウォームアップを終えたウェイン・ルーニーは、マドリーに対し自分の全盛期はこれからと警告。ノリッチ戦のゴールがユナイテッドでの通算196ゴール目となったストライカーは、かつてのチームメート、クリスチアーノ・ロナウドとの対戦に向け、まだまだ伸び白があると実感していると話す。現在27歳のルーニーは、今後数年がキャリアの過渡期になるだろうと予想。今シーズンは負傷の影響で出場試合数が減少しているが、自分の全盛期時のパフォーマンスがチームに多くの成功をもたらしてくれればと語る。
「今の自分の年齢を考えれば、たいていの場合全盛期を迎える時期だと思う。だから今後4、5年の間かな。その間チームの助けになれれば良いと思っている。今シーズンは負傷の影響で出場試合数が減っていて残念だけど、今からシーズン終了まで良好なコンディションを維持したい。出来るだけチームの一員として出場機会を得て、貢献したいね。ただ、(アレックス・ファーガソン)監督が選手のローテーションを行っているから、多くの選手がフレッシュな状態を保てると思うよ」
マーティン・ブラックバーン記者、サン紙

同じく『サン』紙では、「オールド・トラッフォードでゴールを挙げたい」というクリスチアーノ・ロナウドのコメントを掲載。ロナウドにとっては、2009年にユナイテッドを退団してから初めての帰還となる。ルーニーも「(ロナウドの帰還は)素晴らしい雰囲気になるだろうね」と話し、「僕がマドリー戦でゴールを決めたら、スタジアムの感情は最高潮に達すると思う」と続けた。

『テレグラフ』紙はマドリー戦にフィル・ジョーンズが出場すると予想。コラムニストのアラン・ハンセンは、世界トップクラスのロナウド攻略法として、ポルトガル人MFをマンマークして分断するべきと指摘している。

【関連記事】
監督「今日はシンジの日」