登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 March 2013 

新聞:今夏ベゴヴィッチ獲得か

ユナイテッド、今夏ベゴヴィッチ獲得か
ストークはボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミール・ベゴヴィッチの移籍金として1500万ポンド(約21億円)を要求する予定のようだ。ベゴヴィッチは現在ユナイテッド、アーセナル、チェルシーが今夏の獲得を狙っていると噂されている。またストークが移籍金を2000万ポンド(約28億円)誓うまで吊り上げると予想されていることから、この移籍が実現すればGKとしてはイギリス国内最高額での移籍になるとも言われている。ユナイテッドは2011年5月にアトレティコ・マドリーからダビド・デ・ヘアを当時の最高額1830万ポンド(約25億6200万円)で獲得していたが、今回新たにベゴヴィッチを獲得してデ・ヘアにプレッシャーをかけたいようだ。アレックス・ファーガソン監督はデ・ヘアの能力を買っているが、時にミスがあること、そしてそれを克服するために時間がかかることも認識しているため、来シーズンに26歳となるベゴヴィッチを狙っているようだ。またアンデルス・リンデゴーアはユナイテッドから今夏移籍すると噂されている。
ジョン・パーシー記者、デイリーテレグラフ紙

数多くのメディアがリオ・ファーディナンドのイングランド代表からの離脱を報じているが、『デイリーメール』紙は、ユナイテッドがデンマークのオーデンセに所属するDFヤコブ・ラスムッセンにトライアルを受けさせる予定で、またFCコペンハーゲンに所属するFWアンドレアス・コーネリアスとベンフィカに所属するDFエセキエル・ガライの獲得も狙っていると報じている。

【関連記事】
リオ、代表メンバーから外れる