登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 March 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:デ・ヘアが噂を一蹴

デ・ヘアが残留を強調
ダビド・デ・ヘア
がバルセロナ移籍の噂を一蹴し、ユナイテッドに残ることを明言した。バルセロナが今夏ビクトル・バルデスを放出するという噂から、デ・ヘアが代わりに移籍するのではないかと言われていたが、デ・ヘアは、「色々報じられているのは知っているけれど、僕には契約が残っているし、マンチェスターで上手くやっている。バルセロナのGKはまだバルデスだ。僕はマドリー出身だから、いずれ戻りたいとは思うけれど、今はユナイテッドで長くプレーして、沢山のタイトルを獲得したい」とコメントした。現在22歳のデ・ヘアは2011年7月にユナイテッドに移籍して以来、プレッシャーのかかる生活を送っているが、批判の受け止め方を教えてくれたアレックス・ファーガソンに感謝したいとし、「ファーガソン監督は監督以上の存在だ。彼はチーム内の全てをコントロールしている。クラブにいる全員の父親のような存在だ。彼は最高の人物だよ」と付け加えている。
アンソニー・カストリナキス記者、サン紙

また同紙ではロビン・ファン・ペルシーがUEFAはチャンピオンズリーグ対レアル・マドリー戦で主審ジュネイト・チュキル氏がナーニを退場させたことを支持していると批判していると報じている。ファン・ペルシーは、「最悪なのは、UEFAがチュキル氏の判断を支持していることさ。僕には理解できない。なぜ正直に彼はちゃんと見ていなかったと認めないんだろう」とコメントしている。

『デイリーメール』紙では、ユベントスがリヴァプールのルイス・スアレスの獲得に失敗した場合は、ハビエル・エルナンデスの獲得に乗り出すだろうと報じている。また『ミラー』紙は、アンデルス・リンデゴーアが出場機会を求めて今夏に移籍する可能性を報じている。

また数多くのメディアは、ウィルフレッド・ザハがU-21イングランド代表として対ルーマニア戦で得点し、3-0の勝利に貢献したことを報じている。

ページ 1 / 2 次へ »