登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
27 June 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:チアーゴが移籍に合意?

バルサは必死の説得を継続
ユナイテッドへの移籍が噂されているチアーゴ・アルカンタラに対し、現所属先のバルセロナが必死の説得を続けている。ユナイテッドとアルカンタラ、そして実父の元ブラジル代表マジーニョは年棒550万ドル(約8億2400万円)という条件で合意に達しており、移籍金1700万ポンド(約25億4800万円)の用意も整ったと見られている。しかしバルサとしても22歳のアルカンタラは今後数年に渡りリーダーとしてクラブを引っ張る存在になれると考え、残留するよう説得を続けている。だがアルカンタラ本人はファーストチームでの出場機会減に不満を抱き、クラブの説得には応じておらず、現在バカンス中の為、父親と代理人に交渉を一任しているという。そして近日中にも本人の意思として、カンプ・ノウからオールド・トラッフォードへの移籍を希望しているとバルサに伝えると見られている。ユナイテッドは以前からアルカンタラに関する情報照会に力を入れ、現時点でシティーとバイエルンも同選手の獲得に動く可能性があると理解している。ユナイテッドはナポリのエディンソン・カバーニ獲得には関心が無いものの、レアル・マドリーとクリスチアーノ・ロナウドの契約問題に関する状況に関しては引き続き注視していくだろう。
クリス・ウィーラー記者、デイリーメール紙

レアル・マドリー新監督に就任したカルロ・アンチェロッティが、クリスチアーノ・ロナウドとユナイテッド関係者が数日中に面会するという報道を否定するコメントを『エクスプレス』紙が掲載。以前チェルシーを率いた指揮官は、「クリスチアーノは素晴らしい選手で、彼と仕事が出来るのを光栄に思う。私は以前ジダン、ロナウド(ブラジル)、ロナウジーニョを指導した経験に恵まれた。そのリストにクリスチアーノを加えられて心から誇りに思う」と語った。同紙はベンフィカDFのエセキエル・ガライがマンチェスター市内で住居を探しているとも伝えた。

その他の紙面では、レネ・メウレンステーンのユナイテッド退団の他、シティーからユヴェントスに移籍するカルロス・テベスについての記事を掲載した。

ページ 1 / 2 次へ »