登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
18 June 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ストロートマンはプレミア?

ストロートマン、プレミアリーグを希望
PSVのMFケヴィン・ストロートマンは欧州各クラブからオファーが殺到している状況だが、本人はプレミアリーグへの移籍を希望しているようだ。ストロートマンは23歳ながら既にオランダ代表として18試合出場を果たしており、またU-21世界選手権ではオランダU-21代表を純じぇっ勝まで導いている。PSVとの契約はまだ3年残っている状況だが、今夏移籍する可能性が高いと言われており、代理人もラファ・ベニテス監督率いるナポリ他、フランスやロシアからもオファーが届いていることを明らかにしている。しかし、本人はプレミアリーグでのプレーを希望しているようで、代理人は「彼のスタイルに合うということで、プレミアリーグを希望している。フィジカルも強いし、個性もある。プレミアリーグでやれるだろうと私は考えている」とコメントしている。ユナイテッドのチーフスカウト、ジム・ロウラーはU-21世界選手権、オランダ対ロシアでストロートマンのプレーを確認しているが、クラブとしてはオファーを出す段階には至っていないようだ。代理人は、「プレミアリーグでやりたいという本人の強い希望はあるが、今は何も言えない。PSVからの移籍ということで、良いクラブへのステップアップにならなければならない。また移籍金も高額であることから、獲得できるクラブの数は限られるだろう。ただし、彼の実力はどのクラブも把握している。PSVと交渉して彼を獲得するかはクラブ側にかかっている」と続けている。
ジョー・メウィス記者、ミラー紙

『タイム』紙は、ライアン・ギグスが木曜日にトルコへ旅立ち、UEFAプロライセンスを獲得するためにU-20ワールドカップで8日間の講習を受けると報じている。尚、この公衆にはガリー・ネヴィルも参加するだろうと言われている。

『デイリーメール』紙は、ユナイテッドの元チーフエグゼクティブで、現在UEFAのエグゼクティブを務めるデイヴィッド・ギルが、移籍金に上限を設けるというUEFAの新たなルールの責任者となり、ルール違反した場合はその旨をクラブ側へ通達する役目を担う予定だと報じている。

ページ 1 / 2 次へ »