登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 July 2013 

新聞:ルーニー無念の離脱

無念のツアー断念
ハムストリングの負傷が発見され、バンコクからイングランドに帰国することとなったウェイン・ルーニーが、極東、オーストラリアを周るプレシーズンツアーからの離脱を残念がった。タイに到着して僅か16時間も滞在出来ず、検査の結果ハムストリング内に損傷箇所が発見され、27歳は無念の帰国を余儀なくされた。ルーニーはオーストラリアでラグビーの一大イベントであるState of Originを観戦する予定だった他、日本、香港訪問も果たせないことに。当然ながら13日(土)に行われるSinghaオールスターズとの親善試合にも出場出来ない。ここまで順調にトレーニングを続けていただけに、本人も相当ショックの様子だったようだ。幸いにも負傷は軽傷で、Facebookページ上でもルーニーは問題無いと主張。今後1ヶ月近く実戦経験を積めないとなると、8月11日(日)に行われるウィガンとのコミュニティシールド戦で実戦復帰となるかもしれない。今回の負傷は、デイヴィッド・モイーズ監督がスタッフから、ルーニーは過去のプレシーズンよりもベストシェイプな状態と報告を受けた翌日に判明した。
エクスプレス紙

『テレグラフ』紙は、ガリー・ネヴィルのルーニーに関するコメントを掲載。移籍の噂も絶えないが、今シーズンは特にチームがエースストライカーをバックアップするであろうという自論の根拠として、「ファン以前のまま彼をを応援するだろう。彼はそれだけユナイテッドにとって素晴らしいプレーヤーでい続けている。ファンはチームの勝利に献身する選手を応援する。ウェインはどのポジションだろうと、どういう役割を与えられようとも、100%チームに尽くしている。今後も何の問題も無いだろう」と語った。

そして各紙共に、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が、ユナイテッドの獲得候補として名前が浮上しているチアーゴ・アルカンタラの獲得を希望していると話したと伝えた。

【関連記事】
モイーズ「ウェインは軽傷」