登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
08 July 2013 

新聞:チアーゴと近く合意?

チアーゴ獲得の体制整う
バルセロナのチアーゴ・アルカンタラのユナイテッド移籍が刻一刻と近づいている。アルカンタラは来年のワールドカップ・ブラジル大会に出場するスペイン代表入りへのアピールの為、カンプ・ノウからオールド・トラッフォードに移ることを決断。昨シーズンは契約に規定されていた出場数に達しなかった為、アルカンタラは1700万ポンド(約25億6700万円)で移籍が可能な状態となった。両チームは今週中にも話し合いを設け、移籍交渉をまとめる予定。アルカンタラはユナイテッドと5年契約を交わす用意が出来ていると言われている。これが現実のものとなれば、デイヴィッド・モイーズ監督就任以降初めての大物選手獲得となる。モイーズ監督は、「ユナイテッドは常にベストプレーヤーの獲得を検討する。サポーターの皆さんに伝えられることがあれば伝える。言えないこともあるが、私は昨シーズンの王者を強化する為に出来る限りのことをしている」と語った。
マンチェスター・イヴニング・ニューズ紙

同紙ではロベルト・レヴァンドフスキの移籍関連記事も掲載。ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は「私は来シーズン終了後に彼がバイエルンに移籍すると思っている」と語り、将来的な移籍を認めた。

その他『テレグラフ』紙は、世界最速の男であり、大のユナイテッドファンとして知られるウサイン・ボルトが、8月にオールド・トラッフォードで行われるリオ・ファーディナンドの顕彰試合(セビージャ戦)に出場すると伝えた。

【関連記事】
リオの顕彰試合実施へ