登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
31 July 2013 

新聞:新監督の影にベテラン有り

リオ「新シーズンではベテランがモイーズ監督を支える」
リオ・ファーディナンドは、チームのベテランがデイヴィッド・モイーズ新監督を成功に導くと語った。サー・アレックス・ファーガソンの後継者としてクラブを率いる点に僅かばかり心の動揺もあると認めた監督だが、ファーディナンドは全面的にサポートすると明言。「もし自分がクラブの監督に就任したらという目線で考えてみれば、既に何年も在籍している選手達に頼るのは当然。監督にとってラッキーなのは、ギグシー(ライアン・ギグス)、自分、キャラズ(マイケル・キャリック)らクラブを熟知している選手が多くいること。監督の手助けになれて、そしてチームに新たなトロフィーをもたらす助けになるのなら何でもする。おそらくプレー自体はそこまで変わらないと思う。監督のスタイルをチームに取り入れることはあるだろうけれど、監督は頭の悪い人ではないから。優勝が可能なチームの指揮を執ると理解している人だよ。新しい監督だし、少しは猶予を与えるべき。そういうクラブに来たと思ってもらいたいね」と語った。
クリス・ウィーラー記者、デイリーメール紙。

『サン』紙はナーニがモナコのオファーを拒否しユナイテッドに残ると予想。ポルトガル人ウィンガーはモイーズ監督へのアピールについて次の様に話した。
「変わる面はあるだろうけれど、監督が新しいアイディアをチームに注入して、タイトル獲得に力を尽くしてくれる。監督が変わったのだから、選手達は猛アピールしないとね。プレミアリーグを熟知している監督だから、チームの大半の選手については知っているだろうから」

また『ミラー』紙では、アントニオ・バレンシアが今週亡くなったエクアドル出身のクリスティアン・ベニテスの葬儀に参列する為、クラブに合流の遅れを伝えるという記事が見られた。

【関連記事】
監督は香港での試合結果に満足