登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 July 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ガライ獲得に動くか?

モイーズ監督はガライ獲得に集中
7月1日(月)から正式にユナイテッド新監督に就任したデイヴィッド・モイーズ監督が、ベンフィカDFのエセキエル・ガライ獲得に向けゴーサインを出している。ユナイテッドは今年2月からアルゼンチン人DFを獲得候補に挙げていると『ミラースポーツ』紙が主張する中、ベンフィカがガライの代役を獲得する準備が整ったことで、移籍金1700万ポンド(約25億7800万円)での獲得が現実味を帯びてきた。ベンフィカはアーセナル・デ・サランディから同じくアルゼンチン出身の23歳のリサンドロ・エセキエル・ロペスを350万ポンド(約5億3000万円)で獲得する模様。これによりガライの放出が可能となる。モイーズ監督は現在のチームにDFオプションが豊富にあると理解しつつ、新たにCBを獲得したい意向を持っている。リスボンのメディアによれば、ユナイテッド以外にもプレミアリーグのクラブがガライ獲得に関心を示しているという。ガライの他、モイーズ監督はエヴァートンのレイトン・ベインズ獲得を諦めていないとも言われている。
アラン・ニクソン記者、ミラー紙

夏の移籍市場が開かれた為、各紙共にユナイテッドに移籍する可能性がある選手をリストアップ。『サン』紙を含む数紙はチアーゴ・アルカンタラロベルト・レヴァンドフスキレイトン・ベインズギャレス・ベイルクリスチアーノ・ロナウドを挙げている。

同紙はガリー・ネヴィルがイングランド・フットボール協会(FA)の抜本的な改革が必要と主張する記事を掲載。今夏行われた国際大会で各年代のイングランド代表が早々に脱落した結果を踏まえ「早々に脱落するような実力ではないのに脱落している。この現実は到底受け入れられるものではない。ユースチームも本来の実力を発揮出来ていない。ファンも何かしらのアクションを期待している」と語った。

ページ 1 / 2 次へ »