登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
11 July 2013 

新聞:ヨヴェティッチに興味か

ユナイテッド、ヨヴェティッチの獲得に興味か
ユナイテッドは移籍金2700万ポンド(約40億5000万円)と言われるフィオレンティーナに所属するFWステヴァン・ヨヴェティッチの獲得に向け、シティーと争う構えのようだ。デイヴィッド・モイーズ監督ロベルト・レヴァンドフスキの獲得を諦めたのちにヨヴェティッチの獲得に切り替えたと言われており、既に獲得を確実だと考えていたシティーにとってはライバルが登場したことになる。ヨヴェティッチの代理人は今週ロンドンに滞在し、既に興味を持っているクラブと接触したと見られている。フィオレンティーナは今週バイエルンからマリオ・ゴメスを1500万ポンド(約22億5000万円)で獲得しており、ヨヴェティッチの放出が見込まれている。昨シーズンのセリエAで13ゴールを決め、モンテネグロ代表にも名を連ねるヨヴェティッチに対しシティーは2700万ポンド(約40億5000万円)の移籍金を支払うつもりだとしているが、ユナイテッドも移籍金の他にシティーがオファーする週給12万ポンド(約1800万円)同等の条件を用意していると見られており、今後どういう展開になるのか分からなくなってきている。
マーク・アーウィン記者、サン紙

多くの紙面がユナイテッドのプレシーズンについて報じており、『デイリーメール』紙は、坐骨神経痛が原因でネマニャ・ヴィディッチが欠場したことについて触れている。

『デイリー・エクスプレス』紙はモイーズ監督のインタビューの抜粋を掲載している。モイーズ監督はウェイン・ルーニーとの関係は良好だとしている他、ルーニーの仕上がりに満足しているとし、「ルーニーは良い状態で練習に臨んでいる。かつてない程にフィットしているとコーチから聞いているし、状況はポジティブだ。彼を売るつもりはないし、最高のルーニーを引き出す努力をしたい」とコメントしている。

【関連記事】
リーグ戦9試合が日時変更