登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
26 July 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:セスクはユナイテッド希望か

ファブレガスはユナイテッドを希望
セスク・ファブレガス
が友人に対し、バルセロナからユナイテッドへ移籍したいと話していたことが明らかになった。ユナイテッドはすでにバルセロナに対し3000万ポンド(約45億円)のオファーを出していたが断られており、ファブレガスの移籍は難航している。デイヴィッド・モイーズ監督は木曜日の記者会見でファブレガスの獲得をまだ諦めていないことを明らかにしており、再度オファーを出すことが予想されている。ファブレガス本人は英国内の友人に対し、ユナイテッドでレギュラーとして出場できることに魅力を感じているとし、アーセナル時代の同僚ロビン・ファン・ペルシーと再びコンビを組むことを楽しみにしているようだ。またファブレガスはバルセロナ時代同様、ユナイテッドならばリーグ優勝の可能性があることにも魅力を感じていると言われている。ファブレガスはアーセナルでの4シーズン中はFAカップとコミュニティシールドの獲得のみに終わっていた。しかし、バルセロナは売る気はないとしており、ユナイテッドのオファーを頑なに拒否することが予定されている。
イアン・レディマン記者、デイリーメール紙

「サン」紙は、フィル・ネヴィルの「モイーズ監督はユナイテッドを率いるために生まれてきた人物」というコメントを掲載した。独占インタビューの中でネヴィルは、「モイーズ監督はプレストン、エヴァートンを通じて、この仕事をする準備を続けてきたと思う。彼はいつの日か最高のクラブを指揮したいとどこかで思っていた人だ。彼には指導力と強い意志が備わっているし、すでに選手からも支持されている」とコメントしている。

またチアーゴ・アルカンタラは、バイエルンへの移籍の前に自分の代理人がユナイテッドと接触した事実はないことを明らかにした。アルカンタラは、「ユナイテッドが僕のところへ話を持ってきたことは一度もない。メディアの報道だよ。彼らはいつもウソをつくんだ」とコメントしている。

ページ 1 / 2 次へ »