登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 July 2013 

新聞:ベイルが移籍に前向き?

ベイル移籍はユナイテッド次第
移籍の噂が絶えないギャレス・ベイルは、プレミアリーグ王者ユナイテッドへの移籍に関心を示している。ユナイテッドはトッテナムに対して6000万ポンド(約91億8500万円)のオファーを提示する用意があるとされ、昨日スパーズ(トッテナムの愛称)は実際にユナイテッドからオファーがあったかどうかに関してコメントを拒否している。会長のダニエル・リーヴィーがスター選手の放出を拒んでおり、特にプレミアリーグのライバルチームへの売却を拒絶。しかしベイル本人が移籍に前向きになれば、あとはユナイテッドがオファーを提示するかどうか次第。リーヴィー会長は2008年に3000万ポンド(約45億9200万円)でディミタール・ベルバトフを放出した際にファンから反感を買った背景を鑑み、今回の件に慎重になっていると見られている。
デイヴィッド・ウッズ記者、デイリースター紙

上記のような記事がある中、ロンドンの地元紙『ロンドン・イヴニング・スタンダード』は、トッテナムがユナイテッドからいかなるオファーがあっても拒否すると報道。また同紙は、レアル・マドリーが来年夏までベイル獲得競争から撤退するとし、スパーズはウェールズ代表との契約更新を確定させようとしていると伝えた。

【関連記事】
監督、セスク獲得交渉を認める