登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
18 July 2013 

新聞:巨額マネーでベイル獲り?

ユナイテッドがギャレス・ベイル獲得に向け入札
ユナイテッドがトッテナムのギャレス・ベイル獲得に向け、スパーズ(トッテナムの愛称)に6000万ポンド(約91億3980万円)の入札を行った。もし実現すれば、デイヴィッド・モイーズ監督就任以降としては初の大物選手の入団となる。
現在プレシーズンツアーの一環でオーストラリアに滞在中のユナイテッドだが、急遽クラブ上級副会長のエド・ウッドワードがイングランドに帰国した理由として、ベイルへの入札が推測されている。昨シーズンの年間最優秀選手賞を受賞したベイル放出を阻止すべく、現時点でトッテナムはユナイテッドからのオファーを拒否。現在もレアル・マドリーからクリスチアーノ・ロナウドを復帰させる動きも伝えられているが、ベイル獲得が最優先事項と見られ、クラブ史上最高額の3080万ポンド(約46億9100万円)の提示をユナイテッドが準備しているとも噂される。
オリヴァー・ホルト記者、ミラー紙

その他移籍関連では、ユナイテッドがバルセロナからセスク・ファブレガスを獲得する可能性があると『デイリースター』紙が伝えた。

【関連記事】
リオ「開幕からの5試合は過酷」