登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
03 January 2013 

新聞:C・ロナウドのレッズ愛

C・ロナウド「ユナイテッドを愛している」
クリスチアーノ・ロナウドがユナイテッドへの愛情が未だにあることを認めたことから、ユナイテッド復帰の噂が囁かれている。しかし、その愛情が来月のチャンピオンズリーグでの直接対決で手を抜く理由にはならないようで、本人は、「未だにユナイテッドに対しては友情、そして愛情がある。僕のキャリアの形成において凄く大きな助けになってくれたクラブだからね。サポーターも僕のことを理解してくれているし、仲の良い友人も沢山いる。でも今はレアル・マドリーの一員だし、ゴールも決めて勝利したい」とコメントしている。
リチャード・タナー記者、エクスプレス紙

他の移籍の噂としては、『サン』紙がアレックス・ファーガソン監督の息子で、現在ピーターボロの監督を務めるダレン・ファーガソンが、ニック・パウエルのローンでの獲得を狙っていると報じている。昨夏ユナイテッドへ移籍してきたパウエルはファーストチームとしての出場はここまで 6 試合に留まっている。尚、ライアン・タニクリフェスコット・ウートンはかつてピーターボロへローン移籍して経験を積んでいる。

また、リオ・ファーディナンドを多くのメディアが取り上げているが、中でも『テレグラフ』紙は、「今シーズン優勝するには、昨シーズンのようにシティーを意識しすぎるのではなく、自分たちのことに集中すべきだ」というファーディナンドの意見を取り上げている。

【関連記事】
キングがブラックバーンに完全移籍