登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
30 January 2013 

新聞:注目されるラファエウ

若さゆえの激しさから堂々した姿に変貌
今シーズン開幕からラファエウの大きな成長が見て取れる。2011年2月に現役引退を発表したガリー・ネヴィルが1996年から着けていた背番号2を与えられ、不動のSBとしての地位を確立しつつある。2008年1月、アレックス・ファーガソン監督は、負傷の多いネヴィルに代わる存在として、その1年前にフルミネンセと獲得に関して合意に至っていたラファエウ、そして双子の兄ファビオを急遽獲得した。当時17歳のブラジル人にイングランド代表の後任は厳しいという見方もあったが、ラファエウはその大役をこなしている。昨年7月にはチームと4年契約を結び、背番号も2を背負うことに。若さゆえの激しさが目立つ存在だったものの、今では堂々した風格さえ漂わせる存在となり、トレブル(三冠)を達成した1999年チームのSBデニス・アーウィンも称賛している。
「勇敢な心を持つ選手で、攻撃の質も素晴らしい。SBに必要な要素を全て満たしている。これまでは若さゆえに気性が激しく、タックルのタイミングに問題があり、自らトラブルを招くこともあった。守備についても落ち着いた対処の方法を学ばなくてはいけなかったと思う。時にはミスから学ぶものだし、彼は大きなミスを何度か犯したこともあった。だが、彼は自分のミスを決して忘れず、それを糧として成長してきた。そうすることで賢くなっていったんだ」
マンチェスター・イブニングニューズ、スチュアート・マセイソン記者

【関連記事】
監督、サウサンプトンを警戒