登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 January 2013 

新聞:キャリックと契約延長

キャリック、実力で契約を勝ち取る
マイケル・キャリックに対し、ユナイテッドは1年の契約延長を提示するだろう。現在週給8万ポンド(約114万円)の契約は今シーズン終了後に満了となり、一部ではアレックス・ファーガソン監督が夏に古巣トッテナム、或いはイングランド代表MFに狙いをつけているウェストハムに放出するという噂もあるが、今シーズンのキャリックは圧巻のパフォーマンスを継続。ファーギー(監督の愛称)は断固としてオールド・トラッフォードに留まらせるだろう。つまり、キャリックにはライアン・ギグス、ポール・スコールズと同様の契約が提示されるはずだ。
フィル・トーマス記者、サン紙

フルアム戦で4ゴールを挙げた攻撃陣について、トレブル(三冠)を達成した1999年のチーム(ヨーク、コール、スールシャール、シェリンガム)と比較するケースが多い中、監督も現在のチームを支えるロビン・ファン・ペルシーウェイン・ルーニーハビエル・エルナンデスダニー・ウェルベックを上記4人と比較。「99年のチームにいた4選手に対する批判は出ないだろうが、現在のチームが誇る4人だって彼らと等しく優秀。もし4人中3人が20ゴールずつ記録してくれたら、チームの目標は達成されるはずだ」

『インディペンデント』紙のサム・ウォーレス記者によれば、監督は先日獲得を発表したウィルフライド・ザハに対し、ローン移籍という形で戻るクリスタル・パレスの為に全力を尽くすよう指示したという。同記者は「ザハにとって最初の試練は、赤いユニホームを着ての結果ではなく、パレスで何を成し遂げるか」と伝えた。

【関連記事】
カップ戦優勝に集中する監督