登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 February 2013 

新聞:代表監督マドリー戦を考慮

ホジソン「ユナイテッドの選手については考慮する」
イングランド代表監督のロイ・ホジソンは、来週チャンピオンズリーグでレアル・マドリーと対戦するユナイテッド所属のウェイン・ルーニーダニー・ウェルベックトム・クレヴァリークリス・スモーリングの体調を考慮し、ブラジルとの親善試合で酷使しないことを約束している。「アレックス・ファーガソン監督にとって最も重要なこと。まだアレックスとは話をしていないが、言葉を交わす必要もない。私もクラブチームの監督を務めていた人間だから彼の考えはわかっている。今回のブラジル戦は親善試合だが、われわれにとって重要で、勝利したい。しかし、重要なチャンピオンズリーグ戦を控えている選手達を酷使する考えはない。そんなことをすれば、次から監督が選手の派遣を渋るようになってしまう」と、ホジソン監督はコメントしているが、ウェンブリーで行われる親善試合では、ルーニーとウェルベックが先発するとみられている。
チャーリー・ウェイト記者、サン紙

『デイリースター』紙は、ストークGKのアスミール・ベゴヴィッチが今夏の移籍を希望していると認めたという記事を掲載。しかしベゴヴィッチは、現時点でユナイテッドへの移籍内定をきっぱりと否定している。
「新聞では、僕がシティーにNoと言って、ユナイテッドにYesと言ったとか書いてあったけれど、何も決まっていないし、僕自身も何も決めていない。契約書にもサインしていないし、契約内定書にもサインしていない」

ユナイテッド関連の話題としては、ロビン・ファン・ペルシーがオランダのメディアに対し、ユナイテッドでの環境について語った。ファン・ペルシーは、「練習には毎日行っているよ。チームに合流した初日から歓迎してもらえたから、楽しくやっているよ」とコメント。その他マドリー戦、そしてコーチのレネ・メウレンステーンとの練習についても語った。

【関連記事】
エヴラ「今は大事な時期」