登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 February 2013 

新聞:C・ロナウドがCL前に発言

ロナウド、CLに向けてコメント
クリスチアーノ・ロナウド
アレックス・ファーガソン監督を「フットボールを教えてくれた」と称賛しつつも、チャンピオンズリーグでの対戦ではユナイテッドを倒すために最大限の努力をするとコメントした。レアル・マドリーに所属するロナウドは、来週水曜日にオールド・トラッフォードで開催される決勝トーナメント1回戦で自分がキーマンになることを自覚しているが、「上手く行くと思っている。個人的にはレアル・マドリーの方が良いチームだと思っているけれど、ユナイテッドはここ数年非常に良くまとまったチームだし、僕たちは自分たちの実力をピッチ上でしっかりと出さなければならない」とコメントした。このように強気の発言をしたロナウドだが、2003年にスポルティング・リスボンから18歳で移籍し、スター選手への道を開いてくれたユナイテッドに対して無礼を働くつもりはないとし、「ここ数年ユナイテッドと対戦したいと願っていた。なぜなら良い思い出があるからね。ファーガソン監督は僕にフットボールの基本を教えてくれた。僕は18歳でユナイテッドに移籍したけれど、監督は僕のキャリアを最高の形になるように導いてくれた。僕のフットボール人生において最も重要な人物の1人だよ。監督との関係は未だに良好だし、また会えるのを楽しみにしている。色々な思いが交錯する試合になるだろうね。ユナイテッドは6年間在籍したチームだし、友人も沢山いるからね」
ラルフ・エリス記者、デイリーメール紙

また同紙は、リオ・ファーディナンドのイングランド代表への思いも取り上げている。ファーディナンドは、「現状は現状だ。僕は(イングランド代表には)召集されない。ロイ・ホジソン監督は僕を選ばなかった。でも召集されれば荷物をまとめてすぐにでも駆けつけるつもりだ」とコメントしている。

『サン』紙では、フィル・ジョーンズが発疹によって数週間離脱する可能性を示唆した。既にジョーンズはイングランドU-21代表から離脱しており、病名は水ぼうそうと言われている。

【関連記事】
ユナイテッドが横浜に凱旋