登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
26 February 2013 

新聞:レヴァンドフスキ移籍か

レヴァンドフスキ、退団が濃厚
ユナイテッドが獲得を狙っているとされるロベルト・レヴァンドフスキの代理人は、今夏レヴァンドフスキがドルトムントを退団する可能性が高いことを明らかにした。ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は昨シーズンからドルトムントでプレーするレヴァンドフスキに注目していたと言われている。今シーズンも27試合出場19ゴールでチーム最多得点を記録するなど、活躍を続けているレヴァンドフスキだが、代理人は本人の残留の可能性が低いことを明らかにしつつ、もうひとつの移籍先候補と言われる同リーグのバイエルンではなく、新天地での挑戦を望んでいるとし、「レヴァンドフスキのキャリアを見れば分かるだろうが、彼は2年以上同じクラブでプレーしたことはない。しかし、ドルトムントでは3シーズン目を迎えている。この事実を考えれば、彼がどうするかは予想できるだろう」とコメントした。尚、レヴァンドフスキはドルトムントとの契約が16カ月残っているが、今夏には1800万ポンド(約25億2000万円)の価値がつくだろうと予想されている。また代理人は、レヴァンドフスキは既に今後について答えを出しており、発表するタイミングを見計らっている段階だとし、「レヴァンドフスキはもうどうしたいか答えを出している。自分のタイミングで発表するだろう」と続けている。
デイヴィッド・アンダーソン記者、ミラー紙

『デイリーメール』紙は、臀部を負傷したロビン・ファン・ペルシーの状態は全く問題がないことを報じている。ファン・ペルシーは土曜日のQPR戦で負傷し、途中交代していたが、夫婦で食事に出掛けていたファン・ペルシーに同紙が怪我の状態を尋ねたところ、本人が「全く問題ない」と返したと報じている。

『デイリースター』紙は、クリスチアーノ・ロナウドとレアル・マドリー間の契約更改の交渉が破たんしたため、ロナウドが今夏ユナイテッドへ移籍する可能性があると報じている。また『サン』紙は、ナーニが契約更改についてユナイテッド側から最終通告を受けたと報じている。

【関連記事】
キャリック「チームに慢心は無い」