登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 February 2013 

新聞:ロナウド復帰プラン

5500 万ポンドでロナウドを買い戻す!?
ユナイテッドは今夏5500万ポンド(約78億円)でレアル・マドリーからクリスチアーノ・ロナウドを買い戻す計画を練っている。ユナイテッドは今後ヨーロッパで大型契約を結ぶ際のモデルケースとなるような案を画策しているとのこと。ロナウド側はプレミアリーグ復帰と関連して商業的な事業に関心があるとされている。そして何よりも、アレックス・ファーガソン監督はロナウドのキャリアに大きな影響力を持つ人物で、マドリーのスター選手は、その名をワールドクラスにまで成長させたチームに戻る準備が整っているとも噂されている。ロナウドは以前からスペインで正当な評価を得られていないと感じ、常にバルセロナのリオネル・メッシが自分よりも高く評価されることに不満を感じている様子。良き理解者であるジョゼ・モウリーニョ監督も今シーズン終了後に退団する可能性が高く、ポルトガル人スター選手が、イングランドに戻ると決断する可能性は少なくはない。モウリーニョ監督の獲得に関心を寄せるパリ・サンジェルマンも、ロナウド獲得に興味を抱く可能性があるが、本人の希望はイングランドとみられている。
ダンカン・ライト記者、デイリースター紙

『ミラー』紙では、今夏マドリーがダビド・デ・ヘア獲得を実行すると報道。同紙は、モウリーニョ監督の退団、或いは残留に関わらず、スペイン王者がイケル・カシージャスの後釜としてデ・ヘアをリストアップしていると伝えた。

その他『インディペンデント』紙は、ナーニがユナイテッド退団を希望しているという記事を掲載。有名記者のイアン・ハーバートは「レディング戦での活躍が26歳の将来を変えるとは言い難い」と自論を展開した。

【関連記事】
監督はナーニ残留を希望