登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 August 2013 

新聞:C・ロナウドの移籍なるか

ロナウド、ユナイテッドへの移籍を否定せず
クリスチアーノ・ロナウドのユナイテッドへの電撃復帰が噂されている。スペインの『マルカ』紙はロナウドのレアル・マドリーとの契約はまだ2年残っているとし、週給30万ポンド(約4500万円)に後悔することで2018年まで残ることになるだろうとしているが、ロナウド自身は周囲を取り巻くこのような噂を否定しており、英国のフットボールが恋しいとしている。ロナウドは自身の将来について、「どうなるか分からないな。今はレアル・マドリーの選手だけど、どうなるかは分からない。僕自身は気にしていない。状況は落ち着いていないし、今このことについて話すべきではないと感じている。もう少し日が経てば詳しく話せるかも知れないが、今は練習に励みたい」とコメントしている。
ジェームズ・ディッケンソン記者、テレグラフ紙

『ミラー』紙は、バルセロナのサンドロ・ロセイ会長セスク・ファブレガスと移籍について話し合うだろうと報じている。ファブレガスはユナイテッドに移籍すると噂されていたが、ヘラルド・マルティーノ新監督は、「ファブレガスには残って欲しいが、決めるのは本人だ。彼はバルセロナにおける最高の選手の1人なので、残留してくれるだろう」とコメントしている。

『デイリーメール』紙は、アーセン・ヴェンゲル監督のファブレガスについてのコメントを掲載している。ヴェンゲル監督は、「ファブレガスは最低あと1年バルセロナに残るだろう。私が知っている情報は以上だ。そう聞いたが、それがどうなるかは私には分からない」とコメントしている。

【関連記事】
ナーニ「クラブの将来は明るい」