登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 August 2013 

新聞:フレッチの復帰時期は未定

フレッチャーの復帰時期定まらず
潰瘍性大腸炎からの復帰を目指しているダレン・フレッチャーだが、未だに明確な復帰時期は定まっていない。29歳は回復の為の手術を受け、食事制限を行っているものの、まだ胃の状態は完治に至っておらず、実戦復帰の目途も立たず、メディカルチームも具体的な復帰時期を設定出来ない状態が続いている。これによりフレッチャーは、チーム復帰が遅れることを覚悟し、デイヴィッド・モイーズ監督にその旨を報告。定期的にトレーニングが出来る状態に回復するまでチーム合流を見送ると伝えた。フレッチャーは、「今はまともにトレーニングも出来ていない状態だから、チームに加わるのは難しい。監督とも話をして、今後のプランについて話し合った。何も出来ない状態から抜け出して、チーム練習に復帰するのが待ち遠しい」とコメント。今年1月に外科的処置を受けたフレッチャーの復帰時期は明確になっていないが、本人は、今は暗闇しか見えないトンネルでも、その先に必ず光があると確信しているという
「この3年もの間、同じ病気に悩まされていてフラストレーションも溜まるよ。でも、この苦しみがいつか必ず終わって、自分が求めるハイレベルな状態でプレー出来るようになることを考えると、楽しみで仕方がない」
マンチェスター・イヴニングニューズ紙

『デイリースター』紙では、シティーのヴァンサン・コンパニがユナイテッドに宣戦布告する記事が見られた。
「昨シーズンの順位を考えれば、ユナイテッドが優勝候補になるだろうね。その次に僕ら、チェルシー、アーセナル、トッテナム、リヴァプールと続く。でも毎シーズン状況は変わるから、どうなるか見ものだね。中立的な立場で考えれば、新シーズンは混戦になると思うよ」

ユナイテッドがバルセロナのセスク・ファブレガス獲得を諦めたという報道がある一方、『テレグラフ』紙はモイーズ監督が獲得交渉を継続すると伝えた。

【関連記事】
ユナイテッド、今週は3試合