登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 April 2013 

新聞:ルーニー、契約更新を希望

ルーニーはユナイテッドとの契約更改を希望
ウェイン・ルーニーはアレックス・ファーガソン監督に対し、新契約締結に向けた交渉をスタートすることを求めているようだ。ルーニーの側近によれば、ストライカーは今夏パリ・サンジェルマンへの移籍に関心を持っておらず、ユナイテッド残留を希望とのこと。更に現役引退まで今シーズンのリーグ王者となるであろうユナイテッドでのプレーを希望しているという。27歳のルーニーは2010年10月に週給22万ポンド(約3340万円)ともされる5年契約を締結。現在クラブに新契約の交渉を開始するよう求めているとされ、監督も時期が来ればすぐにでも交渉を開始することに異論を唱えていない。だがルーニー自身は、言葉ではなく行動で示してもらいたい様子。先月のレアル・マドリー戦ではベンチスタートとなり、先日のウェストハム戦でも、1点を追う展開で交代させるなど、もはやルーニーがチームのNo.1選手でないことを暗に示す起用法を監督は選択している。
デイヴィッド・アンダーソン記者、ミラー紙

ルーニーの去就については『サン』紙も伝えており、イングランドレジェンドのアラン・シアラーは、今夏ストライカーが決断を下す可能性を示唆。ジャーナリストのニール・カスティスとのインタビュー中「クラブで満足がいかないのなら、移籍する他に選択肢はない」と語った。

『デイリーメール』紙は、現在リオ・アヴェにローン移籍中のベベのコメントを紹介。ベベはオールド・トラッフォードでライアン・ギグスとパス交換をした際のエピソードを語った。「彼(ギグス)とパス交換をした時、『お母さんに伝えると良い。君がライアン・ギグスとパスを交換したとね』と言われたんだ」
ポルトガル人ウィンガーは、ファーガソン監督のグラスゴーアクセントを理解するのに苦しんでいるとも告白している。

【関連記事】
監督「チームは王者のように戦った」