登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
29 April 2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロビンの帰還

RvP 、古巣アーセナル戦で控え目にゴール
彼は戻ってきた。彼はゴールを挙げた。しかし得点を喜ぶ素振りは見せなかった。それどころかペア・メルテザッカーへのタックルでイエローカードをもらった。にも関わらず、ロビン・ファン・ペルシーのエミレーツ帰還は意外にも呆気なく終わったと言える。アーセナルファンからすれば、昨シーズンまでチームを引っ張ったファン・ペルシーの存在如何に関わらず、エミレーツでのユナイテッド戦の重要度は高かった。何故なら、トッテナムとのトップ4争いでアドバンテージを得る為にも勝利が必要だったからだ。ライバルのスパーズ(トッテナムの愛称)はウィガン戦で勝ち点を取りこぼし、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得レースから一歩後退。おそらくアーセナルは直近15シーズン連続して守っている定位置確保を決めることだろう。だが、ライバルとの関係性という意味合いでは、過去何年も小康状態が続いていると言える。一昔前まではアーセナル対ユナイテッドと言えば、プレミアリーグを代表するライバル対決で、試合前からメディアが煽るほどの好カードだったはず。だが今ではライバル関係も下火となり、ユナイテッドにとっては実質何の価値も無い対戦となった。ファン・ペルシーは試合を通してブーイングを浴びせられ、試合終了後にアウェーサポーターの元に駆け寄り、声援に拍手で感謝する姿を見せるとホームファンの怒りは増幅。しかし次の瞬間、踵を返してアーセナルファンへ感謝の姿勢を見せた。その瞬間ホームファンの怒りは静まり、途端に穏やかな雰囲気に変わった。
デイヴィッド・ハイトナー記者、ガーディアン紙

地元紙ではイングランド・プロフットボール協会(PFA)年間最優秀選手賞について触れている。ファン・ペルシーは惜しくもリヴァプールのルイス・スアレス、トッテナムのギャレス・ベイルに続き3位となったものの、年間ベストイレブンにはダビド・デ・ヘアリオ・ファーディナンドマイケル・キャリックと共に選出された。

『テレグラフ』紙は、ユナイテッドが今夏スポンサー収入からドルトムントのロベルト・レヴァンドフスキ獲得資金を捻出するという記事を掲載した。

ページ 1 / 2 次へ »