登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 April 2013 

新聞:シティー敗北宣言

選手達の姿勢の差でタイトルはユナイテッドに
シティーのロベルト・マンチーニ監督は、選手達の姿勢に疑問を投げかけている。既にプレミアリーグ優勝はユナイテッドの手中にほぼ収まりかけているが、自分達の選手がユナイテッドの選手と同等の姿勢を持って試合に臨めていたかを不思議に思っているという。シティーは21日(日)ホワイト・ハート・レーンでトッテナムに3-1で敗北。22日(月)にユナイテッドがホームでのアストン・ヴィラ戦に勝利すれば、ライバルの優勝が自動的に決まる。マンチーニ監督は、ユナイテッドとの技術的な実力差を感じておらず、問題になるとすれば選手達の姿勢と以前から指摘。「(ユナイテッドと)実力差はない」、「ここ2、3年はユナイテッドと試合をする度にわれわれが上回っていた。今シーズンは負けたが、終了間際のプレーで決着がついただけ。昨シーズンは簡単に勝たせてもらったからね。差があるとすれば、今日の試合(トッテナム戦)で見せたような姿勢にある。彼らは何が何でも勝ちたいと強く願う。昨シーズンの経験もあるだろうし、今シーズン開幕から勝ちたいという気持ちを強く出していた。われわれには負けるだけの理由があった。だからこそ繰り返して言うが、彼らが優勝するに相応しいチームだ」と語った。
サム・ウォーレス記者、ガーディアン紙

その他の紙面は先週金曜日(19日)の定例会見でアレックス・ファーガソン監督のコメント(発表を差し止めていた部分)の引用記事を掲載。『ミラー』紙では監督が選手達にリーグ史上最高勝ち点での優勝を求めたという記事が載った他、『デイリースター』紙では監督がリオ・ファーディナンドとの契約更新を希望すると話したと伝えた。

同じく『ミラー』紙は、トム・クレヴァリーが今シーズンのプレミアリーグ最高勝率選手と報道。クレヴァリーが出場した30試合中ユナイテッドは26試合に勝利している。

【関連記事】
監督はリオとチチャの残留を希望