登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 September 2012 

新聞:RVP負傷により次節欠場?

ウィガン戦欠場の可能性も
ロビン・ファン・ペルシーがハンガリーとのワールドカップ予選で太ももを負傷したというニュースに、アレックス・ファーガソン監督も戦々恐々としている。オランダは4-1で勝利したが、ファン・ペルシーは足を引きずり途中交代。試合後オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督は、「大事をとって交代させた」と、ストライカーの負傷を認め、「深刻な状態ではないと思うが、本人以外にはわからない。負傷のリスクを回避する為に交代させた」と語った。
サン紙

『ミラー』紙では、今週末のウィガン戦で新加入のアレックス・ビュットナーがパトリス・エヴラに代わり左SBとしてデビューを果たすと予想。フィテッセから移籍してきたビュットナーは、U-21で2試合、そしてステイルブリッジとの親善試合に出場し、監督から高い評価を得ている。

多数の紙面ではイングランド対ウクライナ関連の記事を掲載。トム・クレヴァリーのパフォーマンスを中心に取りあげる記事もみられた。
『デイリーエクスプレス』では、ファーガソン監督がジョゼップ・グアルディオラ氏とニューヨークで会談し、来年夏にオールド・トラッフォードでの指揮権を譲る為の話し合いを設けたと伝えた。

【関連記事】
新聞:ベッカムの後継者