登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 September 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ルーニー負傷について語る

『デイリーミラー』紙は、間もなく発売されるウェイン・ルーニーの著作“ My Decade in the Premier League ”から、負傷欠場時期の生活スタイルに関して本人が綴った内容を紙面に掲載した。

ルーニー「負傷欠場中は気難しい自分になる」
けがをして試合に出られない時は、トレーニングに参加して、チームメートの助けになることも出来ない。それで気難しくなってしまうんだ。そう、タバコやコーヒーを止めようとしている時のような感覚だと思う。チームメートと一緒に朝食を摂って、彼らは練習グラウンドに、僕は治療、そしてジムへと向かう。彼らは少人数のチームで実戦練習をしているのに、僕は帰らないといけない。退屈だよ。なんとか我慢して耐えている状態かな。イライラもするし、口数も減る。治療や物理療法士、それにクラブドクターに不満はない。ただ、皆と同じようにプレーしたいだけ。最悪なのは、リハビリ中に余計なことを考えてしまうこと。自分はクラブで孤立しているように感じる。ドレッシングルームでくだらない冗談を言い合うのが恋しくなる。試合出場するのに十分な状態ではないから、試合前日に宿泊先のホテルにチームメート達と一緒にいるわけにもいかない。自宅にいて、次の日にはトレーニンググラウンドで退屈なリカバリーワークをしないといけない。

同紙では、13日(木)に発売する本の内容を更に紹介している。

『サン』紙では、ユナイテッドが今夏の移籍市場最終日に、ブラジルのスター選手ネイマール獲得オファーとして、3800万ポンド(約47億3000万円)という条件を所属先のサントスに提示していたと報道。クラブ側は完全否定しており、条件を提示したことは1度も無いと主張している。

『サン』、そして『インディペンデント』紙を含む複数紙では、チャンピオンズリーグメンバーにダレン・フレッチャーが含まれていたことを好意的に伝えた。

ページ 1 / 2 次へ »