登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
13 September 2012 

新聞:次節3選手欠場の可能性

ユナイテッド 3 選手が欠場の危機
今週末のウィガン戦に、ロビン・ファン・ペルシー香川真司パトリス・エヴラが揃って出場できない可能性が浮上している。ファン・ペルシーは、ハンガリー戦で太ももを負傷。シンジはイラク戦を腰痛の為に欠場。エヴラはベラルーシ戦から状態が悪く、来週水曜日(19日)にホームで行われる、チャンピオンズリーグ(ガラタサライ戦)に向け、休養を与えられる可能性がある。アレックス・ファーガソン監督は、13日(木)の練習を見て、ファン・ペルシーとシンジの状態を判断するとしているが、シンジは昨日、まだ患部に痛みを感じると話していたことから、欠場するとみて良いだろう。仮にエヴラに休養が与えられた場合、新加入のアレキサンダー・ビュットナーが左SBとして先発出場すると予想されている。
イアン・レディーマン記者、デイリーメール紙

多くの紙面では、1989年に起こったヒルズボロの悲劇の調査に進展があったと伝えられた(96名のリヴァプールファンが亡くなった事故のこと)。昨日、デイヴィッド・キャメロン英国首相を含む多くの関係機関から、クラブと遺族に対し、正式な謝罪文が届けられた。未だに事故原因がはっきりしない中、人命を守れなかったこと、そして真相解明に長い時間をかけていることを謝罪する内容だったという。今後、真相を明らかにする上でも、大きなステップになったことは確かだろう。

その他『ミラー』紙では、来年1月にユヴェントスがセオ・ウォルコットとナーニを獲得する準備を進めていると報じた。ナーニは、夏の移籍市場最終日に、ロシアのゼニトと合意寸前に達していたとされている。

【関連記事】
新聞:RVP負傷により次節欠場?