登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 September 2012 

新聞:デビュー組、見事なプレー

トップチームデビューを果たした4人
カップ戦は、特に若手選手にとっては重要だ。私を含め、数多くの選手がカップ戦からキャリアをスタートさせている。アレックス・ファーガソン監督は、ユナイテッドの若手選手を育成するためにはカップ戦は不可欠な存在だと考えているようだ。今回のニューカッスル戦では、スコット・ウートンマイケル・キーンマーニック・ヴェラミジライアン・タニクリフェが出場した。彼らにとっては忘れられない日になっただろう。彼らにとっては大きなステップアップであり、試合のペースはまるで電車のような高スピードに感じられたはずだ。また、チケットを購入し、勝利を見届けにやってきたサポーターからのプレッシャーを始めて肌で感じたはずだ。しかし、ウートン、キーン、ヴェラミジは2-1で勝利したこの試合でのプレーを誇りに思って良いだろう。全員ミスはしたが、ミスをしなければ成長はない。ファーガソン監督とウェイン・ルーニーが試合を通じて右SBのヴェラミジに前線に上がるように鼓舞していたのは印象的だった。若手は特にバイタルエリアで軽率なミスを犯していたが、ルーニーは彼らに手を差し伸べることの重要性を理解していたようだ。
ジェームズ・スコウクロフト(元フットボール選手)、ザ・インディペンデント紙

デイリーメール紙は、ニューカッスル戦で活躍したマイケル・キーンを、「キャピタル・ワン・カップ注目の若手選手5人」の1人に選出した。

他紙では、トム・クレヴァリーが本サイトに対し「ゴールを量産したい」と語った記事を引用して掲載している。

【関連記事】

監督:バレンシアは心配なし