登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
18 October 2012 

新聞:復帰戦でのインパクトが肝心

再び輝きを取り戻すことがヤングのミッション
今週末のストーク戦から復帰するとみられているアシュリー・ヤングだが、フルアム戦で膝を負傷して以降、話題に上ることも少なかった。裂傷で長期離脱したウェイン・ルーニーについては新聞、インターネット、テレビが連日のように報道し、膝の軟骨を手術したネマニャ・ヴィディッチの復帰時期についてはユナイテッドファンがいつになるかと日々イライラを溜めている。しかし、27歳のウィンガーの復帰時期については大した報道もされず、アレックス・ファーガソン監督も試合前の会見で滅多に触れなかった。1800万ポンド(約23億円)でアストン・ヴィラから移籍した昨年夏には話題を集めたMFにとって、復帰戦でインパクトを残せるかどうかは1つの試練となるだろう。もっとも、大して注目されずに8試合を欠場したのだから、リハビリをこなすには良かったかもしれない。
スチュワート・マシーソン記者、M.E.N

『サン』紙では、フェデリコ・マケーダが来年1月に退団する可能性があると報道。代理人によればマケーダは出場機会を求めている為、このまま出場できない状況が続くのであれば、代替案を検討するという。

ポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウドは、先日の北アイルランド戦で着用したユニホームを元ユナイテッドのオリヴァー・ノーウッドに渡したが、そのロナウドをリオ・ファーディナンドがどうやって説得したかを『ガーディアン』紙が伝えた。ロナウドは北アイルランド戦で代表戦通算100試合出場を達成した。

その他、各紙共にワルシャワで行われたポーランド戦でイングランド代表のルーニーがゴールを決めたという記事を掲載した。

【関連記事】
ルーニーがポーランド戦でゴール