登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 October 2012 

新聞:スモーリングが練習復帰

守備改善に向け大きな一歩
守備面の問題を抱えるユナイテッドにとって、朗報が舞い込んできた。昨シーズン終盤から足の骨折で戦線離脱していたクリス・スモーリングがチーム練習に復帰。フットボールに関わるトレーニングに参加したとみられる為、週末のニューカッスル戦のベンチメンバーに加わる可能性も出てきた。アレックス・ファーガソン監督率いるユナイテッドには、現在リオ・ファーディナンドジョニー・エヴァンスしか出場が可能なCBはおらず、セルビア出身のネマニャ・ヴィディッチは膝の負傷により、復帰まで最低でもあと6週間はかかるとみられている。
イアン・レイディマン記者、デイリーメール紙

『サン』紙では、ボルシア・ドルトムントがFWロベルト・レヴァンドフスキを放出しない意向を固めたと報道。レヴァンドフスキ獲得にはユナイテッドが積極的な姿勢をみせており、水曜日(3日)にエティハドで行われたシティー対ドルトムントにファーガソン監督とマイク・フェランが観戦に訪れていた。

多くの紙面ではイングランド代表から落選したリオ・ファーディナンドについての記事が掲載された。ロイ・ホジソン代表監督は、ファーディナンド本人と話をする前に、地下鉄で乗り合わせたファンに、ファーディナンドの代表キャリアは終わったと発言したと伝えられ、同監督はCBへ謝罪する意思を表明。
「リオとは連絡を取る。こういう形で代表から落選したことを知った彼に謝らなければならない。本当に申し訳なかったと思っている」

【関連記事】
現状に飽き足らないロビン