登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
27 November 2012 

新聞:ターラブトに興味?

アレックス・ファーガソン監督は、 QPR の MF アデル・ターラブトの獲得を考えているようだ。ファーガソン監督、そしてユナイテッドのスタッフは先週の QPR 戦でモロッコ代表のターラブトに好感触を得たと見られている。ファーガソン監督はナーニアシュリー・ヤングの放出を考えていると言われており、その代わりとしてターラブトが候補に上がっているようだ。また、 QPR のハリー・レドナップ新監督はトッテナム監督時代にターラブトを重用しておらず、プレミアリーグでは一度も先発起用をせずに QPR へローン移籍させ、最終的に 2010-11 シーズンを前に 100 万ポンド(約 1 億 3000 万円)で放出したという経緯があるため、もし納得のいくオファーがあった場合はターラブトを移籍させる可能性が高いと見られている。
ショーン・カスティス記者、サン紙

他紙では移籍についての噂が数多く報じられている。『デイリーメール』紙はユナイテッドがエヴァートンのレイトン・ベインズの獲得を目指しているとし、「ファーガソン監督は、アシュリー・コールの獲得に失敗したので、またベインズに興味を持つだろう」と報じている他、『ミラー』紙は、ファーガソン監督は DF 陣の強化のために、トリノに所属するイタリア代表DFアンジェロ・オグボンナに興味を持っていると報じている。

また『エクスプレス』紙では、ピーター・シュマイケルダビド・デ・ヘアを賞賛している。シュマイケルは、「デ・ヘアを尊敬しているよ。ユナイテッドに移籍してきた選手で、彼ほど厳しい批判の目に晒された選手はいないと思う。毎日叩かれていたが、笑顔でピッチに立って、そのような日々を終わらせたのだからね」とコメントしている。

【関連記事】
アンデルソン次節先発出場濃厚