登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 November 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:RVPは現代のルート

RVP は現代のルート
ユナイテッド移籍後早くも10点目となるゴールを古巣アーセナル戦で決めたロビン・ファン・ペルシーだが、チームメートのパトリス・エヴラは、移籍金2200万ポンド(約28億円)で加入したストライカーのプレーから、ルート・ファン・ニステルローイの姿を思い返したという。
「ロビンが精神的に強い選手ということがわかったと思う。もう何年もユナイテッドでプレーしているように見えるね。それに彼のプレーを見ていると、ファン・ニステルローイを思い出す。僕がユナイテッドに移籍したシーズンはルートとプレーする機会に恵まれて、今でも彼の凄さを覚えているよ。彼らの共通点はオランダ人ということ! それは冗談としても、選手としての格、それにボールを受けた時のタッチの質が同じタイプだと思う。ロビンは世界でもトップクラスで、監督が彼を獲得するために奔走した理由がわかるよね。素晴らしいスタートを切ったし、これからも継続して活躍してもらいたい。ユナイテッドでは毎試合活躍することが求められるからね。彼が気分良くプレーする為の環境作りをしていくよ。彼ならきっとベストな選手になれる」
マーティン・ブラックバーン記者、サン紙

アーセナル戦後に話題を集めているのはエヴラ。ジャック・ウィルシャーが2枚目のイエローカードを受けた際に倒されたエヴラは「彼はボールを見ていなかった」と主張。しかしアーセン・ヴェンゲル監督は「(エヴラは)まるで殺されたかのようにダイブした」と反論した。

『デイリーメール』紙ではアーセナルのサポーターの野次について、ヴェンゲル監督とファン・ペルシーが不快に感じたという記事を掲載。

また『サン』紙では、モルデ監督のオーレ・グンナー・スールシャールが、アレックス・ファーガソン監督の後継者候補となっていることについて語った談話を引用。スールシャールは「自分に出来ない仕事と言うつもりはない。それに人生では大きな目標や夢を持つべき。ユナイテッドを率いるのは自分の夢でもあるが、一歩ずつ進むべきだと思っている」と語っている。

ページ 1 / 2 次へ »