登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
21 November 2012 

新聞:地獄を乗り越えた若者達

トルコの中心で監督は次世代を称賛
アレックス・ファーガソン監督は、今シーズン初めてチャンピオンズリーグで敗戦を喫したものの、アウェーでのガラタサライ戦で起用した多くの若手を称賛。ユナイテッドは既にグループHのトップ通過を決めていたことも手伝ってか、ヨーロッパでも相当に過酷な環境で、監督にとっても最年少とも言えるチームを構成。今節のメンバーの平均年齢は23歳と10カ月で、ファーガソン監督がチャンピオンズリーグの試合で起用した中では史上3番目に若い。しかし監督は結果よりも若手に経験を積ませることを優先。熱狂的な5万278人のサポーターに囲まれる雰囲気の中、経験の少ない彼らが上手く対応したと試合後に称えた。「環境に上手く対応したと思う」と監督。また「落ち着いて試合を作れていた。高さと経験の差でセットプレーから失点した点はチームにとっては問題となるだろうが、私は試合自体には満足している」と語った。
デイヴィッド・マクドネル記者、ミラー紙

英国の紙面の大半ではユナイテッドの若手のパフォーマンスを高く評価している。

『デイリーエクスプレス』紙のリチャード・タナー記者は、「ユナイテッドのメンバーは過去のヨーロッパの試合でも相当に若い部類に入ると思うが、目を見張る内容だった」と好意的に報道。『タイムス』紙のジェイムス・ダッカ―記者も「試合前の会見で、監督は若手がイスタンブールで恥をかかないことが重要と語っていた。それと同時にクラブの名声も背負った彼らだったが、負けたとは言え、失態と感じる要素は何一つみられなかった」とユナイテッドを擁護した。

【関連記事】
ガラタサライ 1-0 ユナイテッド