登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
20 November 2012 

新聞:地獄? 臨むところだ!

地獄? 臨むところ!
ユナイテッドの選手達はアタテュルク国際空港に到着後、多くのガラタサライファンによる“Welcome to Hell(地獄へようこそ)”という歓迎を回避。19年前にアレックス・ファーガソン監督と当時の選手達が「恐怖を感じた」という経験を生かし、プライベートターミナルから空港を脱出。到着口で待ち構えていた狂信的なファンを避けた。空港では何人かのファンが、12年前に英国人のリーズファン2人がガラタサライファンに刺殺された事件を連想させるように、アンチリーズのチャントを歌う姿もみられた。監督は「われわれはファンからの手厚い歓迎を避けた。こっそり隠れてね! 1993年には怖い体験をした。しかし、それから色々な体験をしたし、トルコの雰囲気にも慣れている。極めて狂信的だが、チームに影響はない」と語った。
クリス・ウィーラー記者、デイリーメール紙

ピーター・シュマイケルは、アウェーでのガラタサライ戦こそ、若い選手達にとってヨーロッパでのフットボールとは何かを学ぶ絶好の機会になるとしている。「1993年の体験は、それ以降チャンピオンズリーグの試合に対応する上での基盤になった」と元GKは『デイリーメール』紙に語った。

『ミラー』紙では、アンディ・コールが3冠を達成した1998-99シーズンの時のストライカーと現在のチームのゴールゲッターを比較。「多くの人間が私とヨーキー(ドワイト・ヨーク)のようなデュオを作ろうと躍起になっている。監督の話を聞く限り、彼が同じことをしようと躍起になっているのがわかる。ロビン・ファン・ペルシーウェイン・ルーニーが私とヨーキーのように活躍することを期待しているだろうね。それに他の2人、チチャリート(ハビエル・エルナンデス)と(ダニー)ウェルベックが横に控えているからね」

【関連記事】
ジョーンズ、ガラタサライ戦で復帰