登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
02 November 2012 

新聞:ガナーズが恐れるRVP

アーセナルファンが失ったものは大きいとファン・ペルシー自身が証明するだろう
アーセナルファンにとっては残念ながら、今回のユナイテッド戦は手痛い目に遭うと言わざるをえない。キャピタル・ワン・カップ4回戦でのレディング戦でガナーズ(アーセナルの愛称)は大逆転劇を繰り広げたが、もしオールド・トラッフォードで4-0のビハインドとなった場合、彼らが逆転する可能性はゼロ。クラブにとってオールドボーイでとなったロビン・ファン・ペルシーと対峙した場合、レディング戦でアーセナルがみせたような1時間の間にゴールを量産するチャンスはない。むしろ古巣との対戦でファン・ペルシーが自身の影響力を発揮することは避けられない。エマニュエル・アデバヨールがエミレーツ(アーセナル本拠地)からシティーに移籍した時のように。ファン・ペルシーは今夏アーセナルよりも大きく、強いユナイテッドに移籍。私は決して彼の決断を非難したりはしない。オリヴィエ・ジルーやジェルヴィーニョとプレーしていた可能性もあったが、彼は毎週ウェイン・ルーニーと一緒にプレーする道を選択した。当然ながらゴールシーンはみられるだろうが、アーセナルファンにとってオールド・トラッフォードでの呪いとされる、昨シーズンの8-2、或いは2001年に6-1で敗れた時のようにはならないだろう。
ロビー・サヴェージ記者、ミラー紙

『デイリーエクスプレス』紙はアーセン・ヴェンゲル監督のコメントを引用し、ファン・ペルシーが土曜日の試合でアーセナルファンから快く迎えられるだろうと伝え、ナーニがユナイテッドを退団する可能性を報じた。

『ガーディアン』紙ではライアン・ギグスがチェルシー戦に出場した若手に対して発したメッセージを掲載し、『テレグラフ』紙では、ユナイテッドが先月アンフィールド(リヴァプール本拠地)で着用した、ヒルズボロの悲劇に哀悼の意を込めて制作した記念トラックスーツ8着を、1989年に起こった悲劇と関連のある団体に寄付したと報道した。

【関連記事】
ギグス:敗戦は受け入れ難い