登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
15 November 2012 

新聞:カントナが監督に?

カントナ、ファーガソン監督の後継候補?
エリック・カントナ
アレックス・ファーガソン監督に永遠にユナイテッドを率いて欲しいとコメントした。元ユナイテッドの伝説のプレーヤーであるカントナは、今シーズンの優勝はシティーになるだろうと予想しながらも、ファーガソン監督のスタミナと仕事への情熱を考えると、監督から退く日を想像することはできないとした。またカントナは将来的にはユナイテッドの監督になることを希望しているとし、「ファーガソン監督は若く、エネルギーに溢れていて、フットボールを愛している。まだまだ影響を与えることができる人物だと思う。私はユナイテッドの勝利を望んでいるし、ファーガソン監督に永遠に率いて欲しい」とし、監督就任の可能性については、「ユナイテッドは特別なクラブなので、話があればイエスと答えるだろう。今はニューヨーク・コスモスと仕事をしているが、チャンスがあるかもしれないからね。」とコメントしている。
サイモン・バード記者、ミラー紙

『サン』紙は、パトリス・エヴラがマンチェスター・ダービーへ向けて口撃を始めたと報じている。エヴラはインタビューで、「ユナイテッドは常にシティーより上だ。僕たちがマンチェスターを代表するクラブだ。去年シティーが優勝したからといって、それが変わることはない」とコメントしている。

イングランド代表は4-2でスウェーデン代表に敗れたが、『インディペンデント』紙は、ダニー・ウェルベックを賞賛し、「ウェルベックはスムースで直感的な走りで強い印象を残した。面白い存在になるだろう」と報じている。

【関連記事】
監督、ノリッチ戦に向けてコメント