登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 November 2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ベンテケにいたぶられる

またしても長身 FW にやられたユナイテッド
後半だけで3得点を記録し逆転勝利を収めた後、アレックス・ファーガソン監督はユナイテッドが今後も苦しめられている問題を実感しながらヴィラ・パークを後にしたことだろう。ユナイテッドはヴィラ・パークで17連勝。ファーガソン監督にとっては11勝目を挙げた試合では、後半開始から投入したハビエル・エルナンデスの活躍で勝利を記録した。ヒーローとなったエルナンデスだが、開幕から3試合は大柄なストライカーにチームのCBが総崩れした瞬間をベンチから見ていることしか出来なかった。エヴァートンとの開幕戦ではマルアーヌ・フェライーニに決勝点を決められ、セント・メリーズでのサウサンプトン戦ではリッキー・ランバートにゴールを許した。そしてヴィラ・パークではベルギー代表のクリスティアン・ベンテケの前にリオ・ファーディナンドクリス・スモーリングでは太刀打ち出来ず。こうした光景はユナイテッドにとって見過ごせない問題になりつつある。

『サン』紙では、かつてニューカッスル、そしてイングランド代表ストライカーとして活躍したアラン・シアラーのコメントを掲載。シアラーはユナイテッドのFWラインを「アレックス・ファーガソン監督体制下で最も恐ろしい攻撃陣」と形容。また3冠を達成した1999年のチームが擁したアンディ・コール、ドワイト・ヨーク、テディ―・シェリンガム、オーレ・グンナー・スールシャールをも超えると語ったという。

『テレグラフ』紙ではスールシャールが監督を務めるモルデがノルウェーリーグ優勝を決めたと報じ、『タイムス』紙では前節前の時点で、ユナイテッドが2002年以降としては初めて6週続けて同じ最終ラインで試合に臨んだと伝えた。

『ミラー』紙では、ライアン・ギグスが水泳のコーチから引退後はトライアスロンに挑戦すべきとアドバイスを受けたという記事が掲載された。

ページ 1 / 2 次へ »