登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
08 May 2012 

新聞:近日中にスコールズと交渉

ファーガソン監督がスコールズの説得に乗り出す
今シーズンも残り1試合となった今、アレックス・ファーガソン監督は、今年の1月に現役復帰を果たしたポール・スコールズに対し、来シーズンも現役を続けるよう説得するとみられている。スコールズは昨シーズン終了後に現役を引退し、ユナイテッドのリザーブチームで半年間コーチを務めた後、FAカップ3回戦(シティー)前に突如現役復帰を宣言。シティー戦には途中出場を果たし、その後20試合に出場し4ゴールを記録している。スコールズ(37歳)の復帰後チームは調子を取り戻し、首位に浮上。チームのキーマンとなるだけではなく、今シーズンのフットボーラー・オブ・ザ・イヤーでも、ロビン・ファン・ペルシー(アーセナル)、ウェイン・ルーニーに次ぐ投票数を獲得。スコールズ本人は来シーズンも現役を続けるかは明言しておらず、現役を続けるかは意思があるかはわかっていない。監督はスコールズに1年の現役継続を求めたいと認めており、来週中にも話し合いをするとみられている。
マーク・オグデン&ルーク・エドワーズ記者、テレグラフ紙

『サン』紙では、ユナイテッドがリオ・ファーディナンドの弟であるアントン・ファーディナンドが所属するQPRがシティーに勝利することに期待しているという記事を掲載。アシュリー・ヤングも同じように発言しており、「リオから勝つよう弟に電話がいくかもね」と、2-0で勝利したスウォンジー戦後に冗談を言っていた。

『デイリーメール』紙を含む複数の紙面では、ウェイン・ルーニーが、自ら所有する競走馬“ピピー”が出走するレースを初めて観戦に訪れるという記事を掲載。8日、チェスター競馬場で開催されている春競馬のレース(5ハロン)に出走予定となっている。

【関連記事】
キャリック「まだチャンスはある」